ボディアケア

卒乳後に胸の垂れしぼみで旦那とレスになった私が1年かけて無事おわん型に

卒乳後に胸の垂れしぼみで夫とレスになった私が1年かけて無事おわん型に


ピン!と上向きでおわん型のバストが自慢だった。

そのおかげで細身なスタイルでも綺麗にみえ、友人からファッションをほめられることもあったのでオシャレには自信がありました。

それが卒乳後、無残な形に・・・

上向きなキープ力はどこにいったのか。

胸の上のふくらみがなくなり、だらんと垂れ、しわしわに萎んだおばあちゃんのような胸に。

これまで着けていた全部のブラも隙間ができてスカスカ。外出するときはバッド2枚いれて誤魔化すこともありました。

胸を隠すようなユルい感じの服しか着ることができなくなり「オシャレな服を着ることはもうできないんだ。」

とあきらめかけそうにもなっていた30代、初産後のお話。

胸が小さくなったのを機に旦那とレスになり夫婦仲も冷めていった。

「仕方ないじゃん!そんなこと気にならないよ」

と旦那は、母乳育児をした私を気づかってくれるのですが、産後一度も夜の営みを求めてくることがなくなりました。

レスになったのは旦那のせいだけではないと思います。

「だらんと垂れたヒドい胸を夫に見られるのがとても嫌だった」と理由もあって、わたし自身も求めることはなくなりました。


旦那とのレスも進むにつれて会話も少なくなり、家の雰囲気も結婚したときのような温かさはなく、氷のように冷めたい雰囲気になっていきました。

旦那は仕事で夜遅く、わたしは子育てでお互いクタクタ。

ときには「誰にも相手にされない孤独感」と本当に「女性らしさのかけらもなくなった惨めさ」に、悲しくなりひとり泣いてしまうこともありました。

でも、この時ひとつだけ救いだったのは「悲観的な毎日を過ごしてもなにも変わらない」ということをどこかで分かっていたことです。

旦那に内緒で心まで下向きな自分を奮起してバストアップケアを決心

「ゴクン!」

よし!これでハリのある胸に戻すことができるなら・・・。

子育て中で忙しかったということもあり、手軽にできるならとWEB広告でみかけたバストアップサプリで胸を大きくしようとした。

2ヶ月ほど続けてみるがイマイチわからない効果。

他のサプリを探しては、
買い替えを続ける日々を1年ほど続けたときでした。

お風呂で全身に映る自分をみて、
「1年前と全く変わっていないこと」に目が覚めた。

ツンと人差し指で押してみても、
しわしわにしぼんだまま微動だにせず、ハネ返すような弾力は微塵も感じなかった。



1年もムダなものを買い続けたことの後悔と、なにをすればいいのか分からない状況で絶望を感じていたとき。

「ママ友掲示板」との出会いが、
ハリのあるバストになったきっかけです。

天使ママと名乗る人からの怪しいアドバイス

旦那は会食で遅くなることも増え、ひとりで子供を寝かしつけたあと。

自分のご飯をつくる気力もない私は、冷凍うどんでサッと夕食をすませて、シャワーを終えてベッドのうえにいた。

誰にも相談できない悩みを、ポチポチとスマホでママ友掲示板へカキコミして就寝についた。

翌朝、1件の天使ママさんと名乗る方からのアドバイスが目にとまった。

わたしと同じように初産で母乳育児だったこと。

そのほか、胸のくずれ方、状況、すべて似たような経験をされており、今はハリもあり、おわん型の形のよいバストに戻したとのことでした。

「たったこれだけ?信用できないな・・・」

とも思うありきたりな内容でしたが、天使ママさんは、自分ごとのように長文で細かくアドバイスを書き込んでくれていたこと。

どうせ「はずかしくて誰にも相談できないし」ということもあり、私は顔もみえない天使ママさんのアドバイスを信じて実践することにした。

すると・・。

3ヵ月ぐらいたったころハリを感じトップバストの位置が妊娠前と同位置になってる!?

天使ママさんのアドバイスのとおり、すぐに垂れた胸にハリが戻ることはなかった。

あれ?変わってきたかも!
と感じたのは、3ヵ月が経過したころ。

胸を触った感じに、少しだけ押し戻されるような弾力が戻ったような気がしました。

続けて7カ月が経とうとした頃。

お風呂に映る自分をみて、トップバストの位置が妊娠前と同じくらいになった気がして変化を確信しました。

確かめるために以前スカスカだったブラを着てみると・・・。

「なんとピッタリ!」
とまではいかないけど、それに近い胸にまで戻っていた。

胸が戻りつつあることを確信したときは、本当に嬉しくて涙が出そうでした。

アドバイスをしてくれた天使ママさんにお礼をと掲示板を探したが、封鎖されたのかいくら探しても見つけることができなかったのが心残りです。

振り返るとまともな食事ができていなかったことと垂れ流し問題が形崩れになったのかも。

振り返ると、なによりも食事を見直すことが大切だった。

育児でいっぱいのときは、
まともな食事をしていなかったと反省。

特にお昼は子供のご飯に全力を注いで、自分のご飯は、おにぎりやパン、市販の野菜スープだけですませ栄養を摂った気になっていました。

偏った栄養ではなく、
バランスを考えることが大切だったと思う。

天使ママさんのいうとおりに3食のごはんを、タンパク質を中心に栄養素をバランス良く摂ること、タンパク質はイソフラボンが多く含まれている豆乳や大豆製品から意識して摂ること。

それを面倒くさくないと感じず、自然にできるようになるまで3ヵ月はかかった気がします。

でも、
「この生活で出産前のようなバストに戻すことができるなら!」

変化を感じてからは、自信も溢れてきて「もっと頑張ろう」とだんだん楽しくなってきました。

ナイトブラは絶対!だが正直3度ほど買い替えた

寝ると胸が流れて板になる。
という状態はまさしく産後にクーパー靭帯が損傷して支えることができなくなっている状態らしい。

それを垂れ流したまま放置していると、脂肪まで垂れ流れやすくなり形はどんどん崩れていくのだとか。

天使ママさんのいうとおりに、ナイトブラを毎晩、着用するようになってからは、確かにお椀型によせて形がキレイになっていくのを感じました。

でも最初は悲惨が続いた。
デザインが可愛いものを優先して選んだ結果、失敗の連続が続く。

可愛くても、生地やタグが痛くて痒くなったり、生地はよくてもホールド力が弱かったりと。

いまのナイトブラに出会うまで3回ほど買い替えました。

ナイトブラは、デザインの可愛さは二の次にして、生地とホールド力を優先して選ぶことが失敗しないコツだと思います。

3回失敗してこのナイトブラした4つの決めて

コットン100%の着け心地が気持いい
脇高設計なので横流れをしっかり防げる
丸みのあるおわん型を維持できる
ユニクロ並みにコスパがいいのに機能性がたかい

今はレスも解消して、自分の着たい服で得意なファッションも楽しめるようになった

いまはバストのことで悩むことは殆どありません。

そのおかげで、育児にも余裕がでてイライラすることも減り、心に余裕が持てるようになったと思います。

一時期は夜もレスになった夫婦仲は、妊娠前のように元に戻りました。

特に毎月第二土曜日はワクワクする日。

子供は義実家に泊まることを楽しみにしているので、自分の好きなオシャレな服を着て、映画館へ行ったりショッピングをしたりなど夫婦デートする日に幸せを感じています。

あのとき天使ママさんに救われたわたしのように「だれかの悩みを解決するキッカケとなれば」と想いを込めて。

36歳 広島県在住 K.Tさま

30歳~32歳までの頃、出産後にバストがしわしわに垂れ、小さくなったことがキッカケになり夫とレスに。家庭内も冷え込み、女性としての自信もなくし深く悩む。ある掲示板で受けたアドバイスを機に妊娠前にちかいハリのあるバストになることに成功。

これを機に栄養管理を学び、いまでは友人を自宅に招いて手料理をふるまうこともある。36歳になった現在は夫と息子の3人暮らし。

月に1回おとずれる夫とのデートの日がなによりも楽しみで幸せを噛み締めている。