MENU

カミソリ負けの赤いブツブツとかゆみに3年苦しんだ私が半年でキレイな足に

私が高校生だったころ、カミソリ負けがひどくて毎日がゆううつでした。

かゆみだけならまだよかったのですが、足が汚いのが耐えられませんでした。

写真はイメージです

赤いブツブツに黒くて大きな毛穴、生えかけの太い毛、乾燥して砂漠のようにひび割れしたすね。

「なにこの足…」

毛を剃るたびに自分の足が嫌いになり、こころも体もヘトヘトでした。

そんな私が自力でカミソリ負けしない方法をみつけ、23歳で憧れのスベスベ足になれた時の体験談です。

目次

毛を剃るたびにひりひりして、かきむしっていた学生時代

写真はイメージです

毛を剃った30分後にはヒリヒリして、
我慢できないくらいの強いかゆみが出るようになりました。

「もうとにかくかゆい」

わたしは毛が生えてきている時もかゆくなったので、毎日足がかゆい状態。

夜中にかいたのか、
起きたら布団やズボンが血だらけという日もありました。

汚い足も、足をガリガリ掻いている自分の姿もみっともなくて、
女性としての自信もなくなっていきました。

勇気を出して皮膚科にいくと、

カミソリで毛を剃ったときに肌の表面も削ってしまい、炎症が起きている状態。
毛の流れと同じ向きに毛を剃って、安くて古いかみそりは使わないように。保湿も忘れないで。

といわれました。

しかし、わたしの肌が弱いせいなのか、
いいつけをきちんと守ってもすぐにヒリヒリ。

「またかゆくなってきた…カミソリがいけないのかな?それとも保湿剤?」

手当たり次第にカミソリと保湿剤を試したけど、やっぱりカミソリ負けが

薬局で売られているカミソリはほぼ使いましたがすぐにヒリヒリ。

保湿剤にも気をつかって、
アロエからハトムギ、皮膚科の先生がつくった低刺激保湿剤も手当たり次第に試しましたが、
なにをつかっても私のカミソリ負けが改善することはありませんでした。

除毛クリーム、テープも使ってみましたが
塗った瞬間にピリピリして、直感でキケンと感じたので断念しました。

消えていくバイト代に治らないわたしの足。

「はぁ、、つかれた」

もう無理だと諦めかけたとき、
お風呂場で父親が使っているカミソリを見つけました。

電動シェーバーがカミソリ負け人生脱出のきっかけに

「これはなんだろう?電池をいれてつかうカミソリなんだ…」

私が使っているカミソリよりも刃がするどくなく、
肌が傷つかなさそうと思い、おそるおそる片足だけ剃ってみました。

すると、
30分経っても翌日になっても体があたたかくなっても、かゆみがでなかったのです。

毛を剃った後なのにツルツルしたままの足をみて、
泣きそうになるくらい嬉しかったのを覚えています。

それから半年ほど、
カミソリ負けしない方法を探って、ようやくカミソリ負けから抜け出せました。

カミソリ負けから回復してきた私の足

今は、赤いブツブツにもかゆみにも悩んでいません。

「スベスベした足がずっと続いている…ウソみたい」と毎日思っています。

カミソリ負けから脱出するためにわたしがやったこと

カミソリ負けしない方法は意外とシンプルでした。

お風呂からあがったらすぐに保湿剤をぬって乾燥をふせいだ

肌が乾燥してもカミソリ負けすることがわかったので、とにかく保湿を意識しました。

わたしは、肌にすこし水滴がついている状態で保湿剤を塗っています。
皮膚科の先生が出している本で知ったのですが、その方がうるおいが逃げないんだそう。
たしかに、肌がつっぱっている感じはしなくなりました。

保湿剤は、その方が低刺激だからとすすめていたワセリンをずっと使っています。

うぶ毛用の電動シェーバーをつかった

あのときに出会った感動シェーバーです。
このシェーバーを使ってからカミソリ負けは一度も起きていません。

足が剃りにくいと思ったことがあり、ほかの電動シェーバーもいくつか試しました。
でも、
あのカミソリ負けが起きる前の肌がざわつく感じがしたので、怖くなってずっとコレを使っています。

毎日剃らなかった

それでも、毎日剃ると足がピリピリします。
あのかゆくなる前兆のような感覚。

いまだにカミソリ負けが怖いので、
わたしは週に1、2回くらいの感覚で剃るようにしています。

しっかり保湿すると毛穴が目立ちにくくなっている気がして、
毎日剃らなくても大丈夫かな、と思えるような肌質になりました。

カミソリ負けした赤いブツブツ、かゆみにおさらばできて、キレイな足に近づけた

カミソリ負けをしていたときはブツブツした足をみるのも、
かゆみに耐えられずにかいてしまう自分もイヤで、毎日がゆううつでした。

もうそんな日はありません。

保冷剤もステロイドもいらないし、夏もお風呂も怖くない。

「あんなに悩んでいたのがウソみたいに、毎日が楽しい!」

ずっと避けてきた半ズボンやスカートもはけるようになり、気持ちが明るくなりました。

昔のわたしのようにカミソリ負けで悩んでいる女性に届いたらいいな、、と思っています。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる