ムダ毛ケア

女性が「40代から毛深くなる」のは苦痛でしかない。プレ更年期をムダ毛と戦った日々

プレ更年期をムダ毛と戦った日々

女性は「40歳後半になると毛深くなることがある」

という話を耳にしたことがある女性もおおいのではないでしょうか。

当時の私は47歳
そのような話は年齢的にも気になったため、よく耳にしたこともありますしWEBでもよく調べていました。

でもまさか、
自分自身の体毛が濃くなるなんて・・・


47歳からの約3年間
「40代から毛深くなる女性がおおい」という苦痛な体験を私はボロボロになりながら経験することになりました。

ある日の朝、口周りのヒゲが濃いことに気がつく

その時は派遣社員として働いていました。

朝早くから起きて夫と中学生の子供に朝ご飯のしたくをし、お化粧をはじめようと鏡をみたときでした。

「ピョン!」と口上に数本の濃いヒゲが生えていることに気がついたときから剛毛化のはじまりです。

数本だった濃いヒゲはどんどん増殖。

ヒゲだけでなく、腕やワキ、特に脚の毛に関してはストッキングからはみ出るほど、しっかりと太くながい毛が生えるようになってしまいました。

それまでムダ毛の手入れは適当に1週間とか2週間に一度ぐらいササっと入浴時にシェーバーで剃るだけで十分だったのに。


ヒゲや足の毛は、
一日で1ミリぐらい伸びてしまうまでにオジサン化。


会社の制服がスカートのため、本格的に毎日シェービングしなければ、ストッキングが伝線することもあり、とてもスカートも履ける状態ではありませんでした。

ムダ毛だけ元気に生えているなんて最悪以外のなにものでもありませんでした。

毎日のシェービングは、
40代の乾燥が気になるお肌をさらに深刻なものにしました。

口周りは吹き出物ができるようになり、ワキは炎症してかゆみを感じることもおおくなりました。

脚のスネは乾燥しすぎてヒビ割れたようになり、とても素足で過ごすことなんてできず真夏のストッキングの蒸れも耐えるしかない状態。

しかも、わたしのムダ毛のせいで
家族もイライラが募り、家はドンヨリとした雰囲気が絶えませんでした。

ムダ毛処理のために、
お風呂からサッとあがることもできない、時には子供や夫のお風呂をまたせてしまい家の雰囲気も悪くなる。

これは、本当に面倒でなんとかしたいと本気で思うようになっていた時でした。

脱毛サロンが怖すぎて7万円近くの家庭用脱毛器を買ってみたが挫折

わたしは仕事や家事で忙しくてとても脱毛サロンやクリニックなんかには通う時間はない・・・。と、

自分に言い聞かせるようにしていたのは、脱毛に通う女性のおおくはキラキラした20代の子がおおいと思っていたから。

サロンやクリニックの待合室で「あの人、今さら脱毛?」と小ばかにされるような想像をして、通うことに億劫になっていたというのが正直なところです。

そんな被害妄想と今さら誰にもいえない悩みということもあり、どうにか方法はないかと調べつくして目にとまったのが家庭用脱毛器の広告でした。

「サロン並みのパワー!」「誰にも知られず脱毛できた!」「これはスゴイ!」などズラッと並べられた魅力的な口コミ。

コスパ最高!など評判もよく、私はすでに広告のようなツルスベになったお肌になった感覚になり、ポチッと購入した。

一日もはやくムダ毛を処理したく、届いてすぐに開封した。

さっそく説明書どおりに恐る恐る、腕にバチッ!とあててみると思った以上に痛い・・。

でも、それ以上にびっくりするほど痛かったのはワキと口周りでした。

弱いパワーで照射しても、
涙がでてしまうほど激痛。

それでも頑張って3ヵ月は続けてみたものの、効果がなかなか得られなかったこと。

なにより痛みに耐えることが苦痛になり挫折した。

せっかく高額な脱毛器を購入したのに、それを活かしきれなかった自分に嫌気が差しました。

剛毛化は私だけではなかったと知ったとき涙がでそうなほどホッとした。

ある日の休日。

わたしは同年代の同僚とランチをしていました。

同じ年齢だが、ノースリーブのワンピースをサラッと着こなす大人綺麗なファッションに羨ましい想いと自分のみすぼらしさを感じていた。

同時に産毛ひとつみあたらない彼女がなにをしているのか聞きたかったため、おもいきって私の現状を相談。

突然、体毛が濃くなったことや、
家庭用脱毛器のことなど全てを彼女に話しました。

すると、彼女の口から驚く発言。

実は彼女も数年前に、わたしと同じように剛毛化を経験していたことを知りました。

ずっと、誰にもいえずにもがいていたので、肩の荷がおりたような。
「ホッと」して泣きそうになったのを覚えています。

彼女の場合は、脱毛クリニックで2年かけて全身脱毛をしたのだという話も教えてくれました。彼女が通ったクリニックは年齢層もたかめということや、先生やスタッフも気さくで良心的だということ。

そして医療脱毛は高かったけれどやって良かった、今はすっきりしているということを聞いて、私も医療脱毛をすることを決意しました。

医療脱毛はムダ毛が生えてくるスピードをケタ違いに衰えさせた。

後日、さっそく私は彼女が通っていた横浜市内の脱毛クリニックのカウンセリングに行きました。

長身でキレイな女医さんが、笑顔で丁寧に対応していただき、実は「わたしと近い年齢で脱毛に通われる女性は非常におおい」ということも知りました。

その女医さんのアドバイスのとおりに、腕、脇、足、鼻下の医療脱毛を契約し、それぞれの脱毛部位に2ヶ月ごとに医療レーザーの照射をしてもらうことになりました。

これはツルスベになる!
と効果が目に見えたのは、2回目の照射が終わった頃。

1日1ミリは生えてきたムダ毛の再生スピードがものすごく遅くなった。1週間経ってもあまりチクチクとした毛先は感じられませんでした。


3回目、4回目の施術を受け終わったころには、本当に見違えるようなしっとりツルスベの肌になりました。

最終的に全6回の医療脱毛が終わったのは、施術開始後1年半後でした。


あの時の同僚の彼女のように、
休日には、素足でノースリーブのワンピースを着たりなんかして、旬な大人のファッションを楽しめている。

ムダ毛から解放されたことで、自信と明るい家庭を取り戻しました。

カウンセリングのときに医療レーザーは強力なので、ほぼ永久脱毛のような効果があると説明されたとおり。

54歳になった今でも本当に素晴らしい脱毛効果にとても満足しています。

リラックスする大切な時間でもある入浴時間に、ムダ毛をシェービングするというわずらわしい習慣から開放されたことは本当に楽になり気持ち的にもストレスが無くなりました。

夫や子供からも、お母さんがイライラしなくなったから良かった。と喜ばれることもありました。

もちろん、
ムダ毛だけが私のイライラの原因ではなかったと思いますが、それでも一つでも原因を取り除けたことは、私のプレ更年期の精神不安定の改善にも大きく役立ったと思います。

54歳 神奈川県在住 森さま(仮名)

47歳のとき、体毛が濃くなっていることに気がつき悩みが深刻化。シェービングをする頻度が増加し肌の乾燥が進みボロボロに。

友人に相談したことがきっかけになり医療脱毛へいき悩みの解決へ至る。

現在は専業主婦として夫と高校生の息子と3人暮らし。
栄養バランスを考えたお弁当と夫と息子に持たせた後は、友人とカフェでたわいもない会話をしながら過ごし、ゆったりとした幸せな日々を過ごしている。